ブラックジャックに次いでカジノで最もプレイされるゲームの一つとして頭角を現したクラシックゲームのポーカーは誰もがご存知でしょう。ポーカーは、5枚のカードを使ったカジノベースのゲームで、コンソールでプレイします。このゲームは1970年代に導入され、カジノのスロットマシンを彷彿とさせることから「ポーカースロット」と呼ばれていました。スロットと同様に、他のプレイヤーから独立していて、乱数発生メカニズムを採用しており、スロットマシンに似ています。

ゲームプレイ

  • ゲームは、プレイヤーがマシンにお金を投入し、クレジットにベットすることから始まります。
  • 「ディール」ボタンを押すと、プレイヤーには5枚のカードが渡され、そのうちの1枚は仮想のデックから交換することができます。
  • カードを引いて、プレイヤーの手札がペイテーブルのいずれかと一致した場合、マシンはペイアウトを行います。ペイテーブルは、手札のユニークさやゲームのバリエーションなど、さまざまな側面に応じて賞金を出します。

ポーカーの手札

マシンからのペイアウトは、次のようにペイテーブル上の手札のランクに依存しています。

  • ロイヤルフラッシュ:AKQJはすべて同じ柄でなければなりません。
  • ストレートフラッシュ:同じ柄の5枚の連続したカードが含まれている必要があります。
  • フォー・オブ・ア・カインド:同じランクの4枚のカードが含まれている必要があります。
  • フルハウス:1つのランクのカードを3枚、別のランクのカードを2枚持っている必要があります。
  • フラッシュ:同じ柄のカードを5枚持っている必要があります。
  • ストレート:異なる柄のカードを5枚持っている必要があります。
  • スリー・オブ・ア・カインド:その名の通り、同じランクの異なるカードが3枚必要です。
  • ツーペア:あるランクのカードが2枚と、別のランクのカードが2枚必要です。

ポーカーの手札

ビデオポーカーマシン

ほとんどのビデオポーカーは5枚のカードルールを使用していますが、7枚のカードを使用することも検討されています。プレーヤーは手動でカードを扱ったり他のディーラーにテーブルで対応する必要がないので、スロットと同じくらい便利です。一人で快適にプレイすることができます。これらのビデオポーカーの機器は、カードが仮想的に処理されるコンソールで構成され、ペイテーブルは角に表示されるか、マシンのガラスに印刷されています。コンソールの端には「ディール」と「ベット」ボタンがあり、プレイヤーは自分の通貨を投入すると、マシンが自動的にベットを行い、その後にディールが行われます。

ビデオポーカーを特別なものにしているもの

ゲームが人気なのは、ゲームの結果を左右するオッズが変化する可能性が非常に高いからです。スロットとは異なり、ビデオポーカーはテーブルの上の古典的なポーカーのように、単にスキルを競うゲームです。そのため、プレイヤーは自分の好きな空間と時間で自由にギャンブルを楽しむことができます。また、ハウスのエッジが低いと言われており、これもプレイヤーにとって、ジャックポットを獲得するための黄金の機会になっています。